2011年3月アーカイブ

お見舞い

| コメント(0) | トラックバック(0)

 この度の東北地方太平洋沖地震により、被害を受けられた皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。皆様の安全と健康、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

monument2.jpg

先日よりお預かりしておりましたモニュメントの修理が完了しました。

溶接と再着色行い新品同様の輝きです。

(銅は他の素材に比べ、壊れにくくて長持ちし、修復再生も可能であり、

経年変化も魅力です)

 

3月19日の卒業式には卒業生を送り出す予定です。

toubasennin.jpg

 

昭和30年代にはどこの家に行っても松鷹の置物が飾ってありました。

又、花瓶・灰皿等にも金属製鋳物がたくさん使われていました。

鉄や銅が主な素材で、鋳物工場は活気にあふれていました。

床の間には写真にあるような高級な銅器もたくさん見受けられました。

 

現在は生活様式の変化に伴い、高岡銅器の置物・花瓶生産は減っています。

写真の商品は組合の展示場でひっそりと佇んできた逸品です。

 

半世紀の時を経てあなたの床の間に飾られてはいかがですか。

 

高岡銅器の唐馬仙人の詳細

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ

OpenID対応しています OpenIDについて